エレベーターはどんな人が使うのでしょうか。

この前、秋葉原の処方箋薬局へ行ったときにふと思ったことがありました。子どもと一緒にお出かけをする際、ベビーカーを使っているため、どうしてもエレベーターを使うことが多くなります。
大きな商業施設などでは何台もエレベーターがあり、待つこともあまりありませんが、イライラしてしまうのは特に駅のエレベーターです。
お年寄りや杖をついている足の不自由な方、大きな荷物を持った方などいろんな人たちが使用するのですが、それは問題ないのです。
私が気になるのは、どこも悪くなさそうで、荷物も特に多くなさそうな人たちが意外と多いことです。
もちろん、目に見えにくい障がいがあるのかもしれません。でも、小さいバッグひとつで時にヒールを履いて元気に歩いているひとが、階段やエスカレーターを使用できないとは私には考えられないのです。
空いているときならまだしも、車いすやお年寄りの方など、多くの人が待っているときでも平気でいます。
順番待ちをする時間があれば、エスカレーターのある場所まで行けるし、エスカレーターに乗った方が先に目的の階に行けるのではないでしょうか。
そういう方々が使用しなければ、必要な方だけがもっと効率よくエレベーターを使用することができると思うことがよくあります。
私はせっかちなのか、子どもが一緒でなく一人の時にエレベーターを使用することは、まずありません。大きな荷物だってエスカレーターで運ぶことができます。
なので、そういう必要性もなくエレベーターを使う人の気持ちがわからず、見かけるとついイライラとしてしまうのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です